北海道内全域にて

住宅宿泊事業(民泊事業)の
企画・運営・管理
オールジャンルで対応します。

物件の強みを引き出し
個性をもった民泊物件を完成させ
長期的に集客力を維持させ続けます。

貴殿所有物件の
民泊運用時の収支シュミレーションを
無料で作成致します

「賃貸か民泊か迷っている」
「現在民泊運用してるけど稼働率が低い」
「試しに1室から民泊運用したい」

お気軽にお問い合わせ下さい。

2018年6月20日
住宅宿泊管理業者認定
国土交通大臣(01)第F00690号

民泊Q&A

 

Q1.民泊の収益構造は?

A.民泊の収益モデルは以下になります。

売上=宿泊単価×稼働日数

費用=水道光熱費+アメニティ費+清掃費+運営代行費(+民泊予約仲介サイト手数料+家賃)

売上ー費用=利益

 

Q2.民泊は戸建と共同住宅どちらが向いている?

A.どちらでも民泊向き。

戸建のメリット:消防に係る設備費用が共同住宅より軽減される可能性がある。近隣住民とのトラブルが起きにくい。最大宿泊可能人数が共同住宅1号室より多くなる可能性が高く収益性が上がる。物件によっては独自性が高くなり体験の要素を絡めると他物件と差別化できる。

共同住宅のメリット:立地が良い可能性が高くその場合安定した収益を望める。高層階であれば眺望が差別化になる。エレベータある場合移動が容易。除雪の必要がない場合あり(積雪エリア)。戸建より狭い分、家具家電の初期投資額が少なく民泊初心者にはリスクヘッジになる。

周辺環境・広さ・眺望・賃料・駐車場・基本設備・観光スポットへの動線等、民泊収益性は複合的に考える必要があるので、単に戸建or共同住宅では判断し難い。ご相談下さいませ。

 

Q3.民泊事業の中で起きる事故の対策は?

A.民泊事業向け損害保険への加入、宿泊者に対するハウスルールの設定・伝達徹底。

 

Q4.共同住宅オーナーで、賃貸で回すか民泊で回すか迷っている

A.物件に応じて、民泊の向き不向きがあります。北海道では民泊運用>賃貸運用になる可能性が高いです。民泊届出数が右肩上がりであることが何よりの証左です。

BreakOut ー北海道札幌市民泊企画運営会社ー 北海道札幌市を中心に民泊を運営管理しています。