あなたの空き家を
人気宿泊施設にしませんか?

所有マンション・一戸建ての
空室、空き家が埋まらない

所有を続けたい不動産の
活用方法がわからない

そんなお悩みを当社が解決致します

あなたの空き家を、人気宿泊施設に。

北海道全域の民泊ご対応致します
お気軽にお問い合わせ下さい

2018年6月20日
住宅宿泊管理業者認定
国土交通大臣(01)第F00690号

宿泊人数のMAXはどうする?

 

 

はたして、宿に何人分のベッド(ふとん)を用意するべきか。なかなか悩ましいポイントだと思います。敷き詰めてスペースを取りすぎても良くないだろうし、、少なすぎても宿泊人数減らしちゃうから収益減っちゃうし、、というところですよね。実際、適切なベッド数を見極めるのは難しいと思います。なので、基本的には以下のスペースを用意して、あとは置けるだけ置くという方向性で良いと思います。宿泊可能人数が収益獲得するための大切なキーポイントとなってくるので。

キャリーバッグを広げるスペース

f:id:tentairbnb:20170718134431p:plain

ゲストは手ぶらで来るわけではありません(日本人であれば可能性は無きにしも非ずですが)。なので、キャリーバックを広げるスペースが必要です。スペースがないと、とても困ります。最悪ふとんであれば畳めるので、その空いたスペースで広げることは可能ですが、ベッドとなると厳しいですよね。人数分のキャリーバッグを広げるスペースは用意しましょう。

ご飯を食べるスペース

f:id:tentairbnb:20170718134557p:plain

全て外食で済ますようなゲストをターゲットにするのであれば良いのですが、自炊や中食の場合、テーブルや座るスペースが必要ですよね。最低限、コンパクトなテーブル等は畳んででもいいので置いておきましょう。でなければ、ベッドの上で食べるというゲスト、ホスト共に不快な事態を招いてしまいます。サイズを選べる折りたたみテーブルはこちら。

くつろげるスペース

f:id:tentairbnb:20170718134514p:plain

寝る場所以外はくつろげないのは、少々狭苦しい印象を与えてしまいます。中には、寝る場所以外はいらないから安く泊まらせて!!という方もいるので、こちらもターゲット次第ですが。バックパッカー1人だけ泊めるような部屋であれば必要ないかもしれませんが、軽くソファを置いたりするようなスペースがあると、ゆったりと宿泊できるので良いです。特に連泊される場合は、このスペースがないと窮屈な思いをしてしまいます。

いかがでしょうか。心地よく暮らせる場所を提供するため、スペースを確保した上でベッドを置くようにしましょう。

未分類
BreakOut ー北海道札幌市民泊企画運営会社ー 北海道札幌市を中心に民泊を運営管理しています。