札幌市における民泊物件数の減少|北海道札幌の民泊運営代行会社ならBreakOut(ブレークアウト)

BLOG

ブログ

お問い合わせアイコンCONTACT

札幌市における民泊物件数の減少

こんにちは。代表の藤田です。

 

最近新聞やテレビでも伝えられていますが、

札幌市における民泊物件の廃業数が増加しているという内容です。

 

私の所感では、実際に廃業届が札幌市に提出されている数以上に、

airbnbなどの集客サイトに公開されている物件は、減っていると見ています。

 

つまり、廃業届を出さずともの、休業もしくは実質廃業している民泊物件が増えている、

ということです。

 

8月は当社北海道内物件の稼働率は約30%と、市場平均との乖離が大きくございました。

airbnbで閲覧可能なデータベースによると、市場平均は5%であるということです。

 

私の読みとしては、airbnbに掲載を続けている物件は数多くあるが、

クローズ(カレンダーブロック)をしているが故に、

市場平均は非常に低い稼働率を示している、ということです。

 

実際にカレンダーを公開し、稼働させている物件の稼働率平均においては、

8月では少なくとも、10%はあったと見ています。

 

おそらく、実質稼働させている民泊物件は、

ビフォーコロナと比較して、現在半減していると考えています。

それ以上かもしれません。

 

状況に応じて、適切な行動を選択していきたいものです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

CONTACT FORM