建物築年数と宿泊単価の相関に関して|北海道札幌、ニセコ、富良野の民泊管理会社ならBreakOut(ブレークアウト)

お問い合わせアイコンCONTACT

建物築年数と宿泊単価の相関に関して

こんにちは、代表の藤田です。

本日は、タイトルの通り、宿泊単価と建物築年数の相関に関してとなります。

 

不動産賃貸においては、客付視点で築年数は多大なる影響を与えます。

SUUMOやathomeの賃貸物件を探すと、検索条件として

築年数が上位の選択肢と出てくるのはもはや一般的と感じます。

 

結果として、築浅の方が高い賃料にて客付が可能となります。

それだけ、築浅というキーワードが賃貸市場においては重要ということになります。

 

民泊となると、それがどうなるかというところですが、

結論、築年数はほとんど影響を与えません。

建物自体が古い物件であろうと、内外装共にしっかりとリノベーションしていれば、

民泊において、予約検討者に築年数を質問されることは稀でしょう。

 

結果として、民泊においては築年数に関連性なく、

たとえ古い物件でも、そのメンテナンスの度合いに応じて、宿泊単価を大きく上げることが可能です。

 

これが、民泊の面白さにつながっていると感じます。

現状はボロボロの中古物件であっても、

リノベーションにより再生することで、バリューアップを大きく図ることが可能です。

 

民泊をご検討されているみなさまが、

もし古い家屋を所有されており、民泊を検討しているならば、

リノベーション費用は必要となりますが、民泊として十分な収益を得られる可能性は大いに秘めています。

 

是非、物件の古い新しいに拘らず、一度ブレークアウトまで、ご相談下さい。

本日は以上です。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

CONTACT FORM