ホスピタリティでの差別化|北海道札幌の民泊運営代行会社ならBreakOut(ブレークアウト)

BLOG

ブログ

お問い合わせアイコンCONTACT

ホスピタリティでの差別化

 

 

こんにちは。龍之介です。今回は、アメニティについて。それも「あなただけの」という特別感のあるやつ。僕は最近、とある外国人から手紙をいただいたんですね。それがとても嬉しくて。なんでかっていうと、特別感なんですよね。龍之介のためだけに書いた手紙。みなさんもどうですか?あなただけ感って、この上なく嬉しい気持ちを覚えますよね。アメニティにその味を加えていきましょう。プラスアルファのアメニティはこちら。

1.ウェルカムメッセージを部屋の中に置いておく

飛行機を乗り継ぎ、慣れない言語が飛び交う中、たどり着いたあなたの家。ゲストは疲れているかもしれませんね。そんな中、ホストからウェルカムメッセージがあれば、嬉しいですよね。温かみを感じます。「○○様、ようこそいらっしゃいました。ごゆっくりおくつろぎくださいね。….」といった一枚だけでも、違うと思います。もちろん、これをするには毎回宿に置きにくる必要があるので、出来る人とできない人が別れますが、効果はてきめん。予め書いておいて、清掃の方にまとめて渡しておいて、清掃後に置いておいてもらうこともできますよね。

2.好きな食べ物を聞いておき、それに近しい地元のお菓子を置いておく

温泉旅館などにいくと、お菓子が置いてあることがよくあります。ゲストは、幾多のお菓子の中からどれが美味しいかなんて判別がつきません。ホストの手で、おいしいお菓子を選定して置いておきましょう。食品で気をつけなくてはならないのがアレルギーなので、その部分も考慮した上記置き手紙もあると尚良いです。

3.男女・年代別飲食店紹介の紙1枚を置いておく

ゲストは老若男女、千差万別ですが、ある程度年齢で食べるものが変わってくると思います。若い人にはガッツリ系とか。女性だったらこことか。そんな感じの複数セグメントの飲食店紹介リストを予め作っておき、ゲストのセグメントに合わせた紹介リストの紙を名前付きで置いておいたりするの、良いですね。これも1つのあなただけ感です。

皆さんは、どんな「あなただけ感」を演出できますか。色んなアイディアがあると思います、楽しみながら考えて実行してみましょう!即行動です!以上です。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

CONTACT FORM